虫歯治療 歯医者

  1. TOPページ
  2. 診療科目
  3. 一般治療
  4. 虫歯治療

虫歯治療について

虫歯治療う蝕(虫歯)は歯の表面についたプラーク(歯垢)中に含まれる細菌により作り出された酸が原因で起こります。

「甘いものばかりを食べていると虫歯になる!」と昔からよく言われていましたが、厳密に言うと砂糖が原因だけでは(それだけでは)虫歯はできません。

むし歯ができるしくみ

食べ物を食べると、残りかすが歯にくっつきます。そのかすの中にある糖分を細菌が分解して歯垢を作ります。その歯垢が酸を作り出して歯を溶かします。これがむし歯の始まりです。

むし歯の進み方

その昔、学校の歯科検診などで、歯医者さんが歯を見ながら「C1、C2、C3…」等と言っていたのを覚えているでしょうか。あれはむし歯の進行具合のことで、「C」は「カリエス:caries」の略で、英語で「むし歯」の意味です。日本語でむし歯のことを専門的に「齲蝕(うしょく)」と言います。

むし歯は、以下の程度によって4段階に分けられています。

状態 内容 治療回数
C1
虫歯治療
虫歯の始まりです。
痛みはありませんが、治す必要があります。
1~2回
C2
虫歯治療
冷たい水や甘い物がしみるようになります。
早く治しましょう 。
1~2回
C3 Pul(歯髄炎)
虫歯治療
虫歯が神経まで進んでいます。
神経を抜いて根の治療が必要です。
5~6回
C3 Per(歯根膜炎)
虫歯治療

根の先に病気があります。
消毒を繰り返す必要があります。

7~8回
C4
虫歯治療
虫歯が進んで歯の頭がなくなりました。
腫れたり、痛んだりしますので早く抜きましょう。
1~2回

上記の表は、あくまでも目安です。 お口や歯の病状によって、治療内容や回数は変わる事があります。

無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております。

初めての方でもお気軽にご相談ください。

無料メール相談無料カウンセリング予約